• Clip to Evernote

2024年02月22日

『エールホームクリニック長岡が開院』

2023年11月27日

エールホームクリニック長岡
田村真麻 院長

■医師データ
田村真麻。横浜市立大学医学部卒。同大学院医学研究科博士課程修了。横浜南共済病院、横浜市立大学附属病院、長岡赤十字病院総合診療科・リウマチ科副部長を経て現職。医学博士。

 

 

 

2020年に長岡市下柳で開院して以来、地域のワクチン接種の拠点医療機関のほか、地元のかかりつけクリニックとして地域医療に大きく貢献しているエールホームクリニックだが、このほど、長岡駅前の再開発事業の一つ、米百俵プレイスに分院となるエールホームクリニック長岡を開院した。そこで今回は、エールホームクリニック長岡の院長に就任した田村真麻氏にお話を伺った。

 

「当院は大枠で内科と皮膚科を標榜し、さらに新型コロナやインフルエンザなどの予防接種に対応するワクチン接種会場を備えたクリニックです。標榜科は専門別に細分化されていて、内科は風邪や生活習慣病などの内科一般のほか、リウマチ科、アレルギー科、呼吸器内科があります。リウマチ科と呼吸器内科はそれぞれ専門的な医療を提供し、アレルギー科では花粉症や気管支喘息など内科的なアレルギー症状がある患者さんを診ています。また、全人的医療の提供を心がけており、何科に行けばいいのかわからない患者さんの最初の窓口にもなっています。

 

皮膚科は皮膚科一般のほか、手術室を備え外来小手術を行えますし、日本皮膚科学会の乾癬分子標的薬治療承認施設として乾癬患者さんへの強力な治療薬の新規導入が可能です。また、来年1月からは美容皮膚科も本格的に稼働する予定です。

 

担当医は内科が2名、皮膚科が3名の医師5名体制で診療を行っております。…続きは本誌で

  • Clip to Evernote

もっと読む