• Clip to Evernote

2024年02月22日

─“ オネエ言葉”が飛び交う男女3人の三角関係 ─

2023年05月27日

同じ職場の若い男性の不倫を気にかける理由とは?

今から20年ほど前まで恋愛対象といえば、男性であれば女性、女性であれば男性というのが世間の共通認識でした。しかし個人の多様性が最大限に尊重されるようになった昨今、恋愛対象を性別で決め付けることはできなくなりました。恋愛にはさまざまなカタチがあるということを社会が許容するに至ったからにほかなりません。

 

翻って私たち探偵業界においても、ジェンダーフリーの思想を色濃く反映した相談が少ないながら寄せられています。今回はそんな調査案件をご紹介することといたします。

 

クリスマス目前の昨年12月中旬、当調査事務所に長岡市在住の男性から電話がありました。声の感じからすると年齢は50歳くらいでしょうか。男性はこう話します。

 

「同じ職場の若い男の子が人妻と不倫をしているようなのです。その人妻の素性を調べられませんか?」(男性相談者)

 

探偵にとって素性調査は基本中の基本ですが、詳しいお話をお伺いするため後日、私は長岡市内のファミレスでこの男性にお目にかかりました。

 

お電話で話したときの私の見立てどおり男性は50歳前後で、ジャケットにスリムパンツという洒落た私服姿で現れました。顔立ちは凛々しく、手入れが行き届いているのか眉もキリっとしていて、中年ながらなかなかのイケメンです。

 

たとえていうなら、ちょいワルオヤジ御用達のファッション雑誌「LEON」のモデルと並べても何ら遜色のないくらいのイイ男度です。男性の名前は山賀範義さん(仮名)。長岡市内のショッピングモール内にあるアパレル関連のインショップで店長をされているといいます。

 

山賀さんが話します。

「お店の従業員に26歳の独身の男の子がいるのですが、彼が職場関係の人妻と付き合っているようなのです。彼女の年齢は私と同じ50歳で高校生の娘がいるといいます。本人が独身でも相手の女性には旦那さんがいるわけだから、れっきとした不倫でしょ!20歳以上の年の差で、自分の子でもおかしくない年代の相手と…。お店にとっても困ることですし、不倫は良くないことだから何とかしたいのです」 (山賀さん)

 

山賀さんによると、26歳の独身男性の名前は石沼武人さん(同)。山賀さんと石沼さんは同じ店舗に勤めているにとどまらず、石沼さんが山賀さんの自宅に頻繁に泊まりに来るほど仲が良いのだといいます。

 

山賀さんが続けます。

「私、石沼君が寝ている間に彼のスマホを見たんですよ、ロックがかかっていなかったものだから。そしたら人妻らしき女性とLINEでラブラブのやり取りをしていて…。女性に旦那や高校生の娘がいることもLINEのやり取りで知りました」 (同)

 

その時点で山賀さんが把握している関連情報はそこまででしたので、私は実際に調査をお受けできる場合についての説明や、部下である26歳の石沼さんの情報に基づき調査の見通しを立てました。

 

石沼さんはシフト制の出勤形態で、なおかつ主たる交通手段が自転車ということでした。自転車の追尾は非常に難易度の高い案件となります。

 

山賀さんに初めてお会いした当日は相談のみとさせていただき、必要に応じて後日連絡をいただくことにしてファミレスの前で別れました。…続きは本誌で

  • Clip to Evernote

もっと読む