• Clip to Evernote

2023年01月28日

国定勇人衆院議員が長岡市役所部長にブチ切れ

2022年11月28日

現地視察で長岡市役所の部長が発した言葉に、環境大臣政務官の国定勇人衆院議員がキレてしまった。同議員は熟考した上で、一連の経緯を自身のブログでぶちまけた。災害の不安を訴える住民を前に、「長岡市は関係ない」とした部長に象徴されるごとく、同市役所では〝病〟が進行しているらしい。

 

「どっち向いて仕事をしているのか!?」

 

衆院議員の国定勇人氏が「どっち向いて仕事をしているのか!? 」と題し、10月24日付で、自身のブログにこう書いている。

〈本件については、拙ブログでオープンにすべきかどうか1週間以上迷いましたが、(中略)『公務員として、どっちを向いて仕事をしているのか!?』との思いが1週間以上経っても払拭しきれないので、ここに書き記すこととしました〉

 

元は郵政・総務官僚で、前三条市長の国定勇人氏だが、昨年10月の衆院選で自民の公認候補として4区から出馬。選挙区では立憲民主の菊田真紀子氏に惜敗したものの、比例で復活して初当選を果たした。1期目ながら昨年8月に発足した第2次岸田改造内閣で環境大臣政務官に就任。現在その任にある。

 

国会議員、まして内閣を構成する一員の大臣政務官である国定氏が、1週間以上も迷った上でブログに書き記した内容だ。そうそう軽々しいものではないはず。

 

国定氏のブログや、関係者によれば、同氏が「どっち向いて仕事をしているのか!?」と題してオープンにした内容は、長岡市役所の某部長に対してぶつけられたものだった。その舞台となったのは、今年10月7日、同市栃尾地区で行われた現地視察でのことだ。

 

別掲の写真は国定氏のブログから転用したもの。やや分かりづらいが、写真右下に水が流れ落ちる水路が見える。この水路の下側には民家があるという。国定氏が現地を視察したのはこの水路で、地元の関係者や、新潟県、長岡市の職員らも同行した。

 

この視察に加わった長岡市の部長が、国定氏をしてブチ切れ、激怒させてしまった。現地視察という、関係者が居合わせた場でのこと。いったい何があったというのか?…続きは本誌で

  • Clip to Evernote