• Clip to Evernote

2022年12月9日

66歳・新潟市議の呆れたストーカー事件

2022年09月27日

まさに前代未聞の不祥事、かつ珍事というほかない。現職の新潟市議が女性に対するストーカー容疑で逮捕されてしまった。若い男ならまだしも、分別盛りの66歳。いったい何があったのか? 解せないことだらけだが、犯罪とはそんなものなのかもしれない。

 

まさかの連発

 

9月5日のことだった。県内のメディア関係者は朝から慌ただしかったらしい。県警新潟警察署と本部の子供安全対策課は同月5日7時17分、新潟市中央区在住で新潟市議会議員の佐藤耕一氏をストーカー行為等の規制等に関する法律違反の容疑で逮捕したという。まさしくまさかの事態だ。

 

警察発表を受けた新聞報道等によれば、事件の概略は以下のよう。佐藤市議は40歳代の女性に対し、昨年2月から5月まで、3回にわたり新潟市内において、事情を知らない第三者に依頼して、女性の容姿を撮影させてつきまとった。今年8月には、4回にわたり女性の住居などをうろついたという。

 

さらに一昨年から今年6月頃にかけて、女性の友人である男性に対して8回にわたりその行動を監視していると思わせる内容を郵送した。

 

佐藤市議は女性に対して一方的に好意を持ちストーカー行為に及んだが、女性は同市議の好意には気づいていなかったとか。女性は昨年6月、警察にストーカー被害を相談し、警察は捜査を開始した。

 

「解せないんですよね。ストーカーの場合、その行為が発覚したら、まずストーカーをしている側に警告などを発しますよね。例えば被害者に近づくなとか何とか。だからストーカー容疑で逮捕されるなどよっぽどのことでしょう」 (市議会筋)

 

とにかく現職の市議がストーカー行為に及んだなど、まさしくまさかの事態だ。報道によれば、本人は女性の住まい周辺をうろついたり、郵便物を送ったりなどの行為は認めたものの、「私はストーカーだと思っていません」と容疑を否認しているという。

 

「自分が認めた行為がストーカーそのものじゃないですか。佐藤耕一さんは66歳だというけど、ボケちゃったんでしょうか。でも本当にボケていたら犯罪にならないわけだし…」 (同)

 

ストーカー行為に及んで容疑を認めないなど、まさかの事態で解せない話だ。…続きは本誌で

  • Clip to Evernote