• Clip to Evernote

2024年04月16日

高速料金半額⁉ まだまだ続く観光支援策「あれこれ」

2023年10月27日

本県の全国旅行支援「使っ得! にいがた旅割キャンペーン」は6月30日をもって終了した。コロナ禍で実施されてきた国を挙げての観光需要喚起策が終了したことから、旅好きの人たちは残念に思っていることだろう。しかし県内を見渡すと、現在も自治体や高速道路会社が独自に行っている割引キャンペーンがある。これらを利用しない手はない。

 

全国旅行支援が終了、観光支援策は先細り状態だが…

 

新型コロナウイルス感染症が季節性インフルエンザと同等の「5類」へと移行したのを受けて、政府が肝煎りで実施していた観光需要喚起策「全国旅行支援」が終了した。それ以前にも各自治体で行われていた割引キャンペーン「県民割」も含めて、コロナ禍ではお得に旅行が楽しめる観光支援策が長らく実施されてきたが、今ではそれらがことごとく終了したのは周知のとおりだ。

 

県が実施していた全国旅行支援「使っ得!にいがた旅割キャンペーン」は6月30日をもって終了。同キャンペーン実施期間中は旅行代金の20%、1人1泊につき最大5000円(交通付き旅行商品)の割引が受けられた上に、平日の旅行であれば1人1泊につき2000円分、休日でも同1000円分の地域限定クーポンがもらえたことから、かなりお得に旅行を楽しむことができた。

 

その全国旅行支援が終了となり、寂しい思いをしている人たちも少なくないに違いない。

 

全国旅行支援を利用したことのある新潟市民が話す。

「全国旅行支援はそれ以前の県民割に比べると実質的な最大割引額が減額となりましたが、それでもマイカーで旅行したときの最大割引額は1人当たり実質5000円とかなりの恩恵がありました。家族4人だと2万円も浮く計算ですからね。終了してしまったのは本当に残念です」 (40代男性会社員)

 

全国旅行支援が続いていた当時は、それと並行して独自の観光支援策を実施する自治体もあった。現在、こうした自治体独自の観光支援策は継続しているのだろうか? 改めて調べてみると、ことごとく終了していることが分かった。

 

たとえば柏崎市内の対象宿泊施設が販売する1人1泊につき3000円以上の宿泊プランを20%割引(1人1泊につき最大3000円割引)する「楽宿かしわざきキャンペーン」は7月18日チェックアウト分で終了。

 

また胎内市内の対象宿泊施設が販売するキャッシュバック対象プランを予約し宿泊した人に対してフロントで1人1泊につき最大3000円(※胎内市在住者は1人1泊につき最大4000円)をキャッシュバックする「STAY TAINAIキャッシュバックキャンペーン」は新年度を待たずに3月31日付で終了している。

 

さらに長岡市も対象施設での宿泊料金を20%割引(1人1泊につき最大5000円割引)する「長岡市内宿泊応援キャンペーン」を3月10日付で終了している。…続きは本誌で

  • Clip to Evernote