• Clip to Evernote

2018年12月11日

逮捕された古町飲食店グループ”女帝”と”ヤクザ”の蜜月

2018年02月27日

昨年12月、古町地区の飲食店と暴力団が用心棒の約束を交わしていたとして、県暴力団排除条例違反の疑で暴団組長や飲食店経営者ら計11人が県警に逮捕された。古町地区で複数店舗を経営する飲食店グループと暴力団との関係は業界でもつとに有名だったが、警対して飲食店グループ代表の女性経営者の口を突いて出たのは暴力団に対する感謝の言葉だった。

 

暴力団会長も女性経営者も不起訴

 

古町地区の関係筋が話す。「正直なところ、県警も何をやっているんだか…と呆れてしまいましたよ。ヤクザの親分と舎弟ら10人のほか、飲食店の女性経営者まで逮捕しておきながら、蓋を開けてみれば親分も女性経営者も不起訴。起訴されて裁判にかけられたのは結局のところ組の幹部1人だけですからね。警察が大捕り物に打って出た割には結末がショボすぎますよ」(飲食店関係者)

 

昨年12月、新潟市中央区を拠点とする6代目山口組系暴力団会長の泉井浩治容疑者(54)をはじめとする暴力団関係者10人と、 古町地区でクラブやキャバクラなど複数の店を運営する女性経営者・K容疑者(44)の計11人が逮捕された。

 

逮捕容疑はK容疑者が自分の経営する飲食店について暴力団に用心棒を依頼し、暴力団側がこれを引き受けたとする県暴力団排除条例違反。

 

しかしその後、泉井容疑者とK容疑者がともに不起訴処分となったことから、新聞等のマスコミはそれ以降の報道で泉井会長のみ実名とし、女性経営者のK氏を匿名に切り替えた。これにならって本誌もK氏を実名とはせず、イニシャル表記にとどめることにする。

 

逮捕直後の警察発表によれば、泉井会長ら暴力団関係者10人は共謀して2016年4月頃から2017年6月頃にかけて、K容疑者が古町地区で実質的に経営する飲食店グループのうち7店舗の営業をめぐって、 客などとのトラブルに対応する用心棒を請け負ったという。

 

当然ながら一方のK容疑者は、泉井会長らから用心棒の提供を受けた容疑で逮捕された。

 

 

古町地区は県暴力団排除条例で「特別強化区域」に指定されており、同区域で暴力団が用心棒をしたり、 暴力団に用心棒をさせたりすることが禁止されている。

 

警察の調べに対して、逮捕された11人のうち一部は容疑を認め、一部は否認しているとも報じられた。結局、検察は金銭の授受を明らかにすることができなかったことから、泉井会長と女性経営者を不起訴にせざるを得なかったものとみられている。

 

ただしそれとは別に、県公安委員会は両者の間に用心棒の約束があったとして2月14日、泉井会長に対して暴力団対策法に基づく用心棒行為等防止命令を出した。

 

これにより今後、命令に違反した場合には、1年以下の懲役か100万円以下の罰金、もしくはその両方が科せられることになる。

 

先の飲食店関係者が話すように起訴されたのは組員1人にとどまったが、県警による大掛かりな摘発劇は暴力団の資金源の一部を断ったという意味においては一定程度の成果を収めたようだ。

 

逮捕された〝姐さん〟は強盗事件の被害者

 

別の関係筋が語る。

「警察は用心棒になる約束を交わしていたとしてヤクザと経営者を逮捕しましたが、実際のところ両者の関係はその程度ではなく、まさに一心同体です。

 

というのもKさんが経営する飲食店グループ『Kグループ』と暴力団との関係は今回逮捕された泉井会長がトップになって以降始まったのではなく、その先代である今は亡き4代目西川会の池田勲総長の時代に遡ります。

 

飲食店を何軒も経営する年齢的には娘のようなKさんが、池田総長の寵愛を一身に受けていたことは古町の業界関係者なら誰でも知っています。したがって池田総長の配下の若い衆にとってKさんは、いってみれば〝姐さん〟ということになるわけですよ」 (元暴力団関係者)

 

女性経営者のK氏は複数店舗を経営する一方、自らもママとして店に出て接客していた。当然ながら夜の古町界隈では顔が売れていたことから、いまだ未解決の〝例の事件〟は業界関係者に大きな衝撃を与えた。

 

その事件は2014年10月に発生。K氏の自宅に強盗が入ったのだ。K氏は古町通りの雑居ビル内を自宅としていたのだが、警察発表によれば朝8時頃に部屋に男3人が押し入り、粘着テープで彼女の手足を縛り、目と口もふさいで身動きできないようにしたという。

 

その上で男たちは室内を物色。現金と貴金属を奪い、約2時間後に部屋から逃亡したとされる。被害額は1,000万円超に上るという。

 

事件直後、古町界隈では犯人像について「Kグループの内情を極めてよく知る者による犯行ではないか」(飲食店関係者)と囁かれた。

 

前出の関係筋がいう。

「古町のママのKさんがまさか近くの雑居ビルに住んでいるなんて、よほど内部事情に精通した者しか知り得ませんからね。しかも多額の金品を持ち去っていることから、おそらく彼女の自宅にKグループの売り上げが集まることを知っていたのでしょう。

 

警察発表では被害額は1,000万円超とされていますが、実際にはもっと多額の現金を奪われたとも噂されました」 (同)

 

捜査関係者に近い関係筋もこう証言する。…続きは本誌に

  • Clip to Evernote