• Clip to Evernote

2018年09月24日

先輩探偵O氏が見た追い詰められた浮気夫の逃亡劇

2018年08月27日

夫と浮気相手の密会現場に妻が乗り込む

 

人は追い詰められると時に、常識では考えられないような突飛な行動に出ることがあります。浮気の現場を押さえられた人たちもしかりです。

 

かつて愛人宅の窓から逃げようとした男性を追い詰めたこともありますが、当調査事務所と提携関係にある群馬県の私の恩師はまるで漫画の一場面のような滑稽な光景を目の当たりにすることになったのです。

 

今回はいつもとは少し趣向を変えて、懇意にしていただいている先輩探偵ことO氏の秘蔵事件ファイルを紐解くことといたします。

 

過日、寒さもひときわ身に染む冬の日、探偵O氏のもとに相談に訪れたのは群馬県高崎市在住の箱崎奈緒美さん(仮名・35)です。同い年のご主人・秀人(同)さんの浮気を疑っており、素行調査を依頼してきたのでした。

 

奈緒美さんが話します。

「私と主人はインテリア関連の仕事を一緒にしています。朝から晩まで一緒なので主人の行動パターンは手に取るように分かりますが、実は半年ほど前から昼夜を問わず一人で出掛けることがめっきり増えました。

 

私は当初、“新規の見込み客に営業をかけているのかな?”とあまり深くは考えてはいませんでした」 (奈緒美さん)

 

ところが奈緒美さんがある日、居間でくつろいでいたところ、秀人さんがテーブルに置きっぱなしにしていたスマホからラインの着信音がしたことから何気なく画面を見ると、送信者が女性の名前になっていたといいます。

 

奈緒美さんが続けます。

「メッセージまでは確認できませんでしたが、そのとき初めて主人がスマホに暗証番号を設定してロックしていることを知りました。私たち夫婦はかねてよりスマホにロックをかけないことを約束していましたから、きっと主人は後ろめたいことをしているに違いないと確信したのです」 (同)

 

奈緒美さんからの調査依頼を受けて探偵O氏は秀人さんの素行調査を開始。普段は夫婦一緒に仕事をしているとのことですので、秀人さんが一人で出掛けるときだけピンポイントで調査をすることになりました。

 

同時に奈緒美さんは、もしも秀人さんが浮気をしていた場合にはすぐさま密会現場に急行したいとのことでした。どうやら活発な女性のようで、クロと出たからには浮気相手に対する責任追及も含めて、ただちに決着をつけたいとのお考えのようです。

 

そして肝心の調査結果ですが、いつも一緒にいる夫婦とあって妻の勘はやはりさすがです。ある日、「営業に行ってくる」といって出掛けた秀人さんを探偵O氏が尾行すると
案の定、若い女性と密会していたのでした。

 

探偵O氏が話します。

 

「その後の調査により、浮気相手の女性は25歳だということが判明しました。秀人さんより10歳も年下です。待ち合わせ場所で女性を拾うと、秀人さんが運転する車は高崎観音山のほど近くにあるラブホテルの“ホテル○○ハマ”に入っていきました。

 

調査依頼者の奈緒美さんからは “浮気をしていたら、すぐに知らせてほしい”と言われていましたので、ただちに連絡しました。すると20分も経たないうちに速攻で、奈緒美さんが女友達と一緒に “ホテル○○ハマ”にやって来たのです」 (探偵O氏)

 

そしてドタバタ劇の幕開けです。…続きは本誌に

  • Clip to Evernote

もっと読む