• Clip to Evernote

2017年05月25日

65歳男性民生委員が人妻とW不倫関係?

2017年02月27日

46 歳人妻が夜な夜な出掛ける先は?

 

民生委員といえば、地域住民の福祉向上のための相談・助言・援助などの自主的な活動に携わるとともに、福祉事務所などへの協力活動に力を尽くす民間奉仕者として知られています。

 

無報酬であるにもかかわらず、社会奉仕の精神に則って生活困窮者や母子家庭などに温かな手を差し伸べ、社会福祉の増進に努めることを任務とする大変名誉な職務であり、市民から尊敬されている人たちです。

 

これから紹介する事件ファイルを読んで読者のみなさんは、ある民生委員の不道徳な(?)行いに少しびっくりしてしまうことと思いますが、なんだかんだ言っても民生委員とはいえ、やはり人の子といったところでしょうか。

 

* * * * * *

 

今回の調査ターゲットは新潟市在住の石本晴子さん(仮名・46)。お子さんが3人いらして、一番下はまだ保育園に通っているとのことです。子育てに大忙しの毎日を送っている母親世代といえるでしょう。

 

そして今回、ターゲットの晴子さんに関しての依頼は素行調査であります。晴子さんの浮気が疑われることからシロクロつけるべく私たちは調査に着手したのでした。

 

事前情報により、晴子さんとご主人の夫婦仲がかなり険悪だという話は聞いていました。お互い離婚という最終選択も辞さないほどの深刻な状況であり、辛うじてそれを思いとどまらせているのが3人の可愛い子供たちだといいます。まさしく子はかすがいというわけです。

 

しかしながら子育てに忙殺される一方で、晴子さんは四十路とはいえまだまだ女盛りです。ましてご主人とうまくいっていないとなれば、よその男に心惹かれてもまったく不思議ではありませんし、私たち調査員は一見普通の主婦が「禁断の愛」に走るケースを数えきれないほど目の当たりにしてきました。

 

そして、晴子さんは夜な夜な家を出て遅くまで帰ってこないことが頻繁にあるというのです。晴子さんはご主人の実家に嫁いでおり、義理の両親と同居しています。したがって子供たちの面倒を義母や義父にある程度お願いすることは可能でしょう。

 

しかし連日のように、お嫁さんが夜に家を空けて遅くまで帰ってこないというのはかなり大胆な振る舞いとの印象です。たとえば夕食後に健康管理のためにジョギングする女性も多いようですが、晴子さんは車で出掛けることから調査依頼者にしてみれば行き先が気になって当然です。

 

果たして主婦が夜な夜な外出していったい何をしているのか? 私たち調査員は晴子さんを徹底的にマークしました。…続きは本誌に

  • Clip to Evernote

もっと読む