• Clip to Evernote

2017年05月25日

─愛人発覚! 社長の女遊びに呆れて決別を決めた経営パートナー─

2016年03月28日

悠々自適な(?)社長の背後に若い女の影

 

今回の調査依頼者は下越地域在住の塚越和美さん(仮名・60代の模様)。素人目にも高級品と分かるお洋服を身に纏ったセレブ風の女性です。

 

その塚越さんが素行調査をしてほしいというのが磯山義典氏(同・57)なる男性で、下越地域で飲食店を経営されているとのことです。

 

塚越さんが話します。

 

「磯山は妻帯者ですが、どうやら若い女性と付き合っているようなのです。本当のところはどうなのか、浮気をしているとしたら相手はいったいどこの誰なのか調べてください」

(塚越さん)

 

塚越さんと調査対象者の磯山氏は姓も居住地も違いますから、塚越さんが磯山氏の奥さまではないのは明らかです。そうするとご親族なのか、それとも、はたまた愛人の可能性も否定できません。

 

実際のところ不倫関係にある交際相手が別の異性と付き合っているのではないかと疑って調査依頼されてくるケースも十分考えられることです。

 

結論を申し上げますと依頼者の塚越さんは、ターゲットの磯山氏が社長を務める会社(飲食店)の出資者だったのですが、自分がスポンサーとなっている会社の社長に、仕事もそっちのけで女遊びをされたのではお怒りもごもっともなわけです…。

 

塚越さんによれば、ターゲットの磯山氏は飲食店経営とは別に金属加工会社を経営しているとのことで、そもそも基本的にはそちらが本業だといいます。

 

調査に着手すると、磯山氏の平日の行動パターンが徐々に悠々自適な(?)社長の背後に若い女の影見えてきました。午前中に一度、金属加工会社に顔を出すと1時間もしないうちに外出。その後の足取りはまちまちで、知人なのか取引先なのかは分かりませんが誰かと昼食をともにしたり、日帰り温泉に行ったりといった具合にのんびりした毎日を送っているようです。

 

サイドビジネスとして立ち上げたという飲食店へは週に1、2度立ち寄る程度で、しかも滞在時間はいずれも10分程度。単に客入りを確認しに出向くだけなのでしょうか? 

売り上げアップを目指してスタッフに念入りに指示をしているといった感じではありません。

 

金属加工会社の業績も堅調のようですし、悠々自適なオーナー社長とお見受けしましたが、私の立場でとやかく言うつもりなど毛頭ありません。

 

いずれにしても当調査事務所に与えられたミッションは、愛人の有無についてシロクロつけることに尽きます。

 

そして調査開始から8日目、ターゲットの磯山氏が通常とは明らかに違った行動に出たのです。

 

調査員からの緊急連絡─。

 

「ターゲットが車で福島方面に向かっています!」

 

私も他の調査員とともに一路福島へと向かったのでした。…続きは本誌にて

  • Clip to Evernote

もっと読む