• Clip to Evernote

2017年05月25日

─ 依頼者の一言で勇気が湧いて一発逆転劇 ─

2015年04月28日

 

時間変更! 急遽対応することに…

 

新潟で20年にわたって調査業務に携わっていますが、本コラムで紹介する事件のように、100%すべての調査において首尾よく事実関係が判明しているというわけではありません。

 

かくしてこれから紹介する事件ファイルは、調査依頼者に調査をいったんは断念する提案をさせていただいた経緯の案件です。

 

しかし―。思いがけず調査依頼者がかけて下さった、理解あるお言葉に私は勇気づけられ、新たな思いで調査継続に乗り出したのでした。

 

今回の調査依頼者は仙台市在住の曽野木昭仁さん(仮名・42)。実際のところ私は曽野木さんとはまったく面識がありません。というのも曽野木さんはインターネットで当調査事務所のホームページをご覧になり、メールを通じてコンタクトしてこられたからです。正式な調査依頼も電話越しにいただきました(契約書はメールにて締結しました)。

 

曽野木さんのご依頼は奥様・亜矢乃さん(同・35)の素行調査であり、遠路はるばる単身新潟県にやって来るといいます。

 

「急ではありますが、可能であれば依頼したいのですが…。その際に新潟で男と落ち合うはずです!」

 

曽野木さんはそうおっしゃいます。そしてお話によれば亜矢乃さんが新潟入りする予定が2日後とのことです。そうとなればのんびりはしていられません。

 

私は曽野木さんに大至急、奥様の顔写真を含む事前情報を送ってもらうようお願いしました。ほどなくしてメール送信されてきた顔写真を拝見すると、亜矢乃さんはなかなかの美人です。身長165㌢のスレンダーな女性で、可憐かつ上品な笑顔が印象的です。

 

曽野木さんがおっしゃいます。

 

「妻が浮気しているのは間違いありません。相手の男は前回、仙台を訪れており妻と密会しています。男が乗っている車は白のランドクルーザーでナンバーは長岡○×△です。自宅では電動シャッターの車庫に保管しています。素性もだいたいは分かっていて、長岡市でイタリア料理店を経営しています。しかし十分な浮気の証拠がありません。そこで新潟で妻と浮気相手が密会している現場を押さえてほしいのです」

 

お話をお聞きしたところ、曽野木さんは当調査事務所に相談する以前に、仙台で現地の興信所に調査を依頼したそうです。その際に浮気相手の存在が明らかになったものの、決定的な証拠を押さえるまでには至らなかったということなのでしょう。…続きは本誌にて

  • Clip to Evernote

もっと読む