• Clip to Evernote

2017年12月16日

─ 単身新潟で働く息子の幸せを願って両親が結婚前調査を依頼 ─

2014年09月29日

名古屋からの結婚前調査

 

婚活という言葉が定着して久しい昨今、当事者同士にとって結婚は人生最大のイベントであることもさることながら、可愛い息子や娘の幸せを願うご両親がご子息の結婚にかける熱意も増すばかりです。

 

こうした流れの中で、私たち調査業者としても相応のお手伝いをさせていただく機会が近年、非常に増えています。お相手の人柄はもちろん、ご両親はどのような考えを持った方たちなのか? これらを事前に把握するために行うのが「結婚前調査」です。

 

今回の調査依頼者は名古屋市在住の井原史朗さん( 仮名・55)とその奥様です。井原さんはインターネット検索で当事務所の存在を知ったとのことで、電話で私たちにコンタクトを取ってきました。

 

以下は井原さんのお話です。

 

「私たち夫婦は名古屋に住んでいますが、長男が新潟で会社勤めをしています。最近、息子から結婚を前提に交際している彼女がいると知らされたのですが、少々気になることがあり、そちらにお電話を差し上げた次第です。

 

端的に申し上げますと、お相手の女性のこと、さらに親御さんがどのような方なのか調査していただきたいのです。たとえば近所の方の間での評判とか…」

 

結婚前調査は私たち調査業者にとって非常に一般的な調査であり、特に珍しいものではありません。結婚相手の実像というものは、夫婦生活が始まってからようやく分かってくるのが世の常です。

 

釣った魚は何とやらで、実は多額の借金を抱えていたとか、結婚してから酒癖の悪さを知ったとか、はたまた義理の両親がトンデモなく気難しい人たちだったとか…。これらの想定外の理由によって結婚生活がもろくも崩れ去るケースが散見されます。

 

もちろん宗教観を心配される方も少なくありません。したがって結婚前調査は「転ばぬ先の杖」ともいえます。調査依頼の大方は結婚する当事者からではなく、そのご両親によるものです。「子供には結婚で失敗してほしくない」と願うご両親が結婚前調査を依頼されるというわけです。

 

もっとも井原さんの場合、結婚前調査の依頼を思い立ったのは相応の出来事があったからだといいます。…続きは本誌にて

  • Clip to Evernote

もっと読む