• Clip to Evernote

2019年07月21日

監禁騒ぎで警察沙汰まで 「だるまやグループ」新経営陣の愚行

2014年05月26日

本誌5月号がスクープした長野在住の経営者による人気ラーメンチェーン「だるまやグループ」の買収劇は各方面に大きな衝撃を与えた。業界関係者はもとより、ラーメンフリークが集うインターネットの掲示板でもこの話題で持ちきりだ。しかしながら驚くのはまだ早い。今回は「ラーメンの命」ともいえるスープの製造責任者が新経営陣によって懲戒解雇され、しかもその前段で監禁まがいの騒動を引き起こして警察沙汰にまで発展していた一件をご報告する。

 

ラーメンについてはド素人

 

ちゃーしゅうや武蔵、吉相、万人家 、一兆、孔明、一本槍やり、我聞、ダルマ食堂、大舎厘、武吉兆、萬人 、青山製麺、弁慶…。 これら数々のラーメン店を展開する「だるまやグループ(本部・新潟市江南区)」による営業店舗は計30店超に上る。そしてグループ売上高は推定20億円超といわれている。

 

その「だるまやグループ」を昨年2月、長野県で携帯電話販売や飲食店運営などを手掛けるマテュリティ(本社・上田市)のオーナー経営者が買収。

 

「だるまやグループ」の創業オーナー・相原廣氏が代表取締役を辞任するとともに、マ社から新たに会長、社長、副社長が送り込まれ経営陣が総入れ替えとなった。 しかし新生「だるまやグループ」の船出は順風満帆ではなかった。波風が立った要因はいくつか考えられるが、中でも決定的だったのは創業者・相原氏が確立した経営スタンスと新経営陣のそれにあまりにも大きなギャップがあったことだろう。

 

p28text

さる飲食業界関係者は以下のような見方をする。

 

「創業者の相原さんはもともと「紳士服のコナカ」の営業マンだった人ですが、脱サラして「だるまや」を開店。いうまでもなく自ら厨房に立って売れるラーメンを開発してきた苦労人なのです。これに対して長野から来た新経営陣は異業種の人たちですから、ラーメンについてはド素人。このためラーメンの味や作り方は二の次で、単に売り上げや利益を追求するマネジメント一辺倒の経営に走ってしまったのです」(同社の内情を知る人物)

 

実際のところ社員の中には新経営陣のやり方に反発して辞表を叩きつけ、独立して新店舗を立ち上げる動きも相次いでいるという。

 

こうした中、記者は決定的かつ衝撃的な情報を入手した。本誌前号でスープ工場の製造責任者が退社したことに触れたが、その真相がついに判明したのだ。…続きは本誌にて

  • Clip to Evernote

関連記事