• Clip to Evernote

2017年08月19日

mr.kanso(ミスター・カンソ)

2013年07月26日


ミスター・カンソ

大阪発の缶詰バー“mr・kanso(ミスター・カンソ)”が7月13日、新潟に上陸した。

 

mr・kansoは「缶詰とお酒が楽しめるバー」をテーマとし世界各国の缶詰が楽しめるお店。

 

場所は新潟市中央区東大通の木村ビル3階。

 

お店のシステムは、入ってすぐ出迎えてくれるズラリと並んだ缶詰の棚から好みの缶詰をチョイス、これを店員に渡し、ドリンクを注文。キャッシュオン(現金でその都度清算)と簡潔なシステムだ。

ミスター・カンソ

 

 

缶詰の料金は200円~2000円で、缶詰の裏に9種類の色分けシールが貼ってあり金額が一目瞭然となっている。
ドリンクの品揃えも充実しており、ウィスキーだけでも10種類、ビールも6種類用意されている。その他にもカクテルや焼酎・日本酒にソフトドリンクと幅広く、お酒も飲み飽きることがない。もちろん生ビールもあり、なんとアサヒスーパードライの生が350円と、かなりリーズナブルな料金設定となっているのが嬉しい。

 

缶詰は世界各国のものを取り寄せており、現在220種類の缶詰が揃えてある。

ミスター・カンソ

 

「お勧めはスパムです。スパムだけでも5種類あり、もちろん生でも食べられますが、焼いたほうが断然美味しいので、ホットプレートで焼いてお出しします。皆様からご好評をいただいております」(オーナー・佐藤憲司さん)

 


変わり種の缶詰としては、エゾ鹿・猪・アザラシ・熊・トド・くじら(各¥1000・トドのみ¥1500)など、この辺りでは滅多に出合えないような缶詰も揃っている。


「当店の一番人気は、当店オリジナルで世界初のだしまき卵の缶詰ですね。京都の老舗“吉田喜”とコラボした商品です。そのまま食べても美味しいのですが、ポン酢を少しかけて食べると、また一段と美味しさが増します」(オーナー・佐藤さん)

 

その他にもmr・kansoオリジナル缶詰があり、辛缶・激辛カレーや、7月17日より発売されるたこ焼き缶などがある。この激辛カレーは本当に辛いらしく、注意書きには「本当に辛いので心の準備をし 深呼吸をしてから当製品をお召し上がりください」との一文が書き添えてあるのが面白い。

 

様々な変わり種缶詰から定番の缶詰までありとあらゆる缶詰が思う存分楽しめるmr・kanso。ぷらっと立ち寄って色々な缶詰に魅了されてみては!

 

 

 

mr.kanso(ミスター・カンソ)

新潟市中央区東大通1‐3‐20 木村ビル3F

☎090-6349-5910

営業時間:17:00~25:00

毎週月曜日定休

 

 

 

  • Clip to Evernote

一覧に戻る