• Clip to Evernote

2017年10月22日

【追及第3弾】被害者が相次ぐ タイ人女性「結婚詐欺?」のワナ

2012年05月30日

高速ツアーバス事故当日に依頼者と群馬太田へ

 

前号に引き続き、今月も日本人男性と結婚したタイ人女性3人が次々と家出をし、示し合わせたかのように東京都内のアパートで共同生活していた一件について報告をさせていただきます。

 

新潟市に住む蓮見忠則さん(仮名・41)のタイ人妻・ワンラーさん(同・31)が家を飛び出してから1年半が経過。当事務所による調査の結果、ワンラーさんは東京・新大久保のコリアンタウンにあるアパートの一室に他のタイ人女性2人と共同生活する傍ら、デリヘル嬢として働いていることが判明しました。しかも当事務所のI調査員が体を張って潜入調査を敢行したところ、このデリヘルは非合法な本番行為を売り物にしている店だと分かりました。

 

夫の蓮見さんが大きなショックを受けたのはいうまでもありませんが、それ以上に蓮見さんを仰天させたのが一緒に同している二人のタイ人女性を撮影した写真です。

 

「私、彼女たちに見覚えがあります!」(蓮見さん)

 

蓮見さんは関東に本社を置くW社という結婚相談所に会員登録してワンラーさんと出会い結婚されましたが、妻同士が友人ということで男性会員とも交流があったことから、結婚相手のタイ人女性の顔を覚えていたというわけです。

 

「私たち男性会員3人は、いずれも結婚からほどなくタイ人妻が突然家出をしたというわけですね。そして片や妻たち3人は同じアパートで〝旧交〞を温めてい高速ツアーバス事故当日に依頼者と群馬太田へたと…」(同)

 

こうした事実が発覚した以上、蓮見さん以外の男性からも事情をお聞きする必要がありそうです。

私はたまたま東京都江東区に調査現場の案件を抱えていたことから、その調査を兼ねて蓮見さんとともに群馬へ向かうことにしました。目的は無論、妻・ワンラーさんと同居している二人の女性のうち、一人のご主人である群馬県太田市の八幡寛治さん(同・53)のお宅を訪問するためです。…続きは本誌にて

  • Clip to Evernote

もっと読む